2人目は産み分けで女の子が生みたい女性のための産み分けゼリー

2人目は産み分けで女の子が生みたい女性のための産み分けゼリーがあります。女の子と男の子が生まれる条件を考えて産まれた産み分けゼリーとなります。一人は女の子が欲しいという女性の思いを叶えてくれる産み分けゼリーです。2人目は女の子が生みたいと思う女性に人気の商品です。
MENU

2人目は女の子が欲しい

もっと暮らしやすい社会なら、何も気にすることなく子供も産めるのでしょうが、現代事情を考えると子供は2人が好ましい!上は男の子だったから次はどうしても女の子が産みたい。2度しか体験できない子育て期なら、男の子も女の子も経験したいから、2人目は女の子!絶対女の子が産みたい!

 

そんな女性の気持ちを理解してくれる商品が、【ピンクゼリー】です。
ピンクゼリーは女の子の産み分けが出来るゼリーとなります。ちなみに、女の子がピンクゼリーなら男の子はブルーゼリーだね。と思ったら男の子の産み分けはなぜかグリーンゼリーだといいます。そんな産み分けゼリーって本当に効果あるの?
絶対失敗は許されないよ〜と思いながら、2人目は女の子が欲しいと思っていることと思います。

 

産み分けゼリーは、女の子が生まれる状況と男の子が生まれる状況を考えて事前に膣の中の環境を変えてしまうゼリーです。
ですが、女の子が生まれるという成功率は、80%です。100%ではありませんので、理解して使用する必要はありますが、8割の確率で女の子が生まれるなら使ってみる価値はありますよね。

 

産み分けゼリーとは?

そもそも、男の子と女の子が生まれる環境の違いを知る必要があります。
男の子が生まれるときは膣の中はアルカリ性、女の子が産まれるときは膣の中は酸性となります。ですから、ピンクゼリー(女の子産み分けゼリー)を性交の前に使用して膣の中を酸性に変えておくという商品です。もしも、男の子が欲しいならアルカリ性に変えるということになります。

 

産み分けをしたい女性たちは食事などでも受精の環境をかえようと努力しています。
ですが、8割の確率なら断然産み分けゼリーの方がおススメですよね。もちろん、安い商品ではありませんが、一度子供を産んでしまえば何十年も大事に育てるわけです。一人の女性が一生の間に育てられる子供の数は大体、2人、もしくは3人となります。もちろん、10人兄弟のママという素晴らしい女性もいますが、現実的ではありません。そう考えると、産み分けゼリーを使ってでも、男の子も女の子もどっちも欲しいですよね。

 

もし、3人の子供を予定しているとして、理想の産み方を考えてみると

  • 1人目 男の子・・・自然に任せる
  • 2人目 女の子・・・産み分けゼリー
  • 3人目はどっちでも元気ならいい

 

こんな産み方が理想だとは思いませんか?こちでは、病院に行かなくてもネット通販で購入できる産み分けゼリーを紹介しています。

女の子の産み分けゼリー

ピンクゼリーの特徴

 

  • 産み分けゼリーでは唯一の管理医療機器
  • 産婦人科医と共同開発した産み分けゼリー
  • 一回ずつの個包装で衛生的
  • 独自開発の使いやすい容器
  • まとめ買いでのサービスも魅力

価格 10本入り 14,800円
評価 評価5
備考 セットで購入するとお得
ピンクゼリーの総評

女の子の産み分けでしたら、ピンクゼリーが最もおすすめです。ピンクゼリーは、産婦人科医と共同開発し、管理医療機器の認証を受けた唯一の産み分けゼリーですので、安心感が違います。人体に害のないものを使用するという配慮もしてあります。ピンクゼリーはまとめ買いで妊娠準備機関から摂取を勧められている葉酸サプリもオマケでついてきます。ママと娘の親子コーデをするならやはり女の子でしょうね。

ハローベビーゼリー潤滑ゼリーの特徴

 

  • 管理医療機器ではないので使用は自己責任
  • 品質と安全性の高い日本製品
  • 容器がピンク色なので女の子用だとわかりやすい
  • まとめ買いで安くなる

価格 7本入り 10,000円
評価 評価4
備考 3セット購入がお得
ハローベビーゼリー潤滑ゼリーの総評

ハローベビーゼリー潤滑ゼリーは、男の子女の子と両方のゼリーがありますので、女の子が欲しいと思う夫婦はピンク色を選びましょう。ハローベビーゼリー潤滑ゼリーも78%が成功したという実績の産み分けゼリーとなります。「メイド・イン・ジャパン」製品で一回一回の使い切り商品ですので衛生的です。使いやすい細身のタイプですので人気となっています。

ベイビーサポートの特徴

 

  • 管理医療機器ではないので使用は自己責任
  • 余ったベイビーサポートの買取を実施中
  • ゼリー、容器、袋、箱すべてが日本製
  • 100%天然成分で作られている
  • 1本の内容量が膣内に行き渡る適当量

価格 13,800円
評価 評価3.5
備考 セット購入がお得
ベイビーサポートの総評

ベイビーサポートでは、男の子女の子と両方の産み分けゼリーを販売しています。男の子が欲しい方はベイビーサポート、もしくはハローベイビーの産み分けゼリーとなります。100%天然成分のゼリーとなりますし、容器、袋、外箱まですべて日本製という安心の商品です。1位の商品との大きな違いは管理医療機器の認証を受けていない商品だという点です。ですが、品質にも問題なく実際に使用している夫婦もいる商品です。

2人目は産み分けゼリーで女の子を産みたい

2人目は産み分けゼリーで女の子を産みたいならピンクゼリーです。
ピンクゼリーを一押しする理由は、管理医療機器の認証を受けた唯一の産み分けゼリーだからです。

 

管理医療機器とは人体に影響を及ぼす可能性のある商品のことを指しますが、認証を受けている商品ですので安心感が違います。身近な管理医療機器ですと、コンドームやコンタクトレンズ、電子式血圧計、補聴器などがあります。

 

管理医療機器とは?
副作用や機器の機能に障害が生じた場合に生命や健康に影響を与えるおそれがあるため、適切な管理が必要な医療機器で、高度管理医療機器以外のもの。薬事法に基づく医療機器のクラス分類でクラスUに分類される。MRI・心電図モニター・電子式血圧計・補聴器など。クラスU医療機器。→一般医療機器 →高度管理医療機器
朝日新聞【コトバンク】より

 

管理医療機器の認証を受けている以外にも、独自開発の容器は特許を取得しています。しっかり国から許可を取り販売している面では信頼性があり安心できますので、女の子の産み分けでしたらピンクゼリーなのかな?と思います。

 

ちなみにジュンビーのピンクゼリー以外の産み分けゼリーは、管理医療機器ではありませんので、扱いは雑貨となります。また、使用も保証されてはいませんので自己責任となります。ですから、安心や安全を考えるならジュンビーのピンクゼリーなのではないでしょうか?
80%の確率で女の子の出産が可能です。

ピンクゼリーの購入は2箱セットがお得!

ピンクゼリーを購入して2人目は女の子を産み分けよう!と決めた時の購入方法で悩むと思います。なぜって商品が余ってしまうと勿体ないからです。
大体、産み分けゼリーはどの商品も価格的には差がありません。ただ、ベイビーサポートだけは余った商品の買取を実施しています。

 

もしピンクゼリーを購入するなら2箱セットがおすすめです。1箱、2箱セット、3箱セットがありますが、2箱セットと3箱セットには葉酸サプリがオマケでついてきます。既に上のお子さんを産んだ時に葉酸の必要性は説明を受けていると思います。1人目でも葉酸を始めとする必要な栄養素を食事から摂取することの難しさを実感したとおもいます。ましてや2人目となると上の子供の世話もありますので、頑張りすぎるよりも食事で補えなかった栄養素を足してあげる意味で葉酸サプリの活用も考えた方がいいんですよね。

 

ジュンビーのピンクゼリーの2箱セット、3箱セットについてくる葉酸サプリが活用できます。
葉酸は妊活中から必要となりますので、女の子の産み分けゼリーを使用しながら葉酸サプリも活用できるのでセット購入はおすすめです。

 

こちらが2箱セットです。
1人目だけど、どうしても女の子を産みたいという姪っ子ちゃんのために購入しました。

 

ジュンビーの公式サイトで購入したので冊子も付いてきます。

 

箱の中身は個別になっていて衛生的です。

 

1個だけ取り出してみました。
先端の部分を折ってから、膣の中にタンポンを入れる要領で入れ、ゼリーを押し出すだけです。
まあ、膣の中に異物が入るので違和感は感じますが、痛いとかはなくスムーズに入っていったようです。

 

 

 

産み分けゼリーを使用するときの注意点

産み分けゼリーを使用するときの最も大事な注意点は、100%ではないということです。
ですが、何もせずに子作りをしたら、50%の可能性で女の子です。もし産み分けゼリーを使用したら80%の確率で女の子です。

 

断然産み分けゼリーを使うことをおススメします。
でも、100%ではないことを念頭に置いておくことです。

 

自分が望んだ女の子じゃなかったからと思うのではなく、男の子でも受け入れるつもりで使うべきです。もし使わなかったら、確率は50%なのですから。そこを理解し納得した上で使用しましょう。例え男の子でも、愛おしいわが子だという事を忘れないようにしましょう。

 

ジュンビーのピンクゼリー詳細

 

女の子はサイコー

夫や夫の両親は、跡継ぎが欲しいから男の子が欲しいと思っているのでしょうね。
ですが、実際に産んで育てる女性だと女の子が絶対欲しいと思うんですよね。一姫二太郎ということわざがあるように、女の子は体も丈夫で育てやすいです。また、思春期になっても親子で買い物にいったりカフェに行ったりと共に楽しめます。跡継ぎだからと言われることもなく自由に育ちます。

 

我が家は、女、男、女という3人の子供がいます。
上の2人は大学生となり家を離れていますが、女の子のアパートには下の女の子を連れて泊まりに行き、買い物やランチなどをしています。子供も、女同士は仲が良くじゃれ合っています。男の子も凄く可愛いのですが、すでに親離れしている感じです。スポーツ観戦などでしたら一緒に行きますが、親子で楽しく買い物って感じはないですね。

 

欲を言えば我が家のように、男の子1人、女の子の2人が理想なのかな〜と個人的に思っています。
将来を考えた時、子供の面倒になろうと思うわけではありませんが、いつも気にかけてくれる女の子の存在は心強いと思っています。

 

10944

このページの先頭へ